クラウドソーシングサービスの最大手企業株式会社クラウドワークスが運営する「クラウドワークス」。

クラウドワークスで副業すると確定申告や源泉徴収がややこしい等のデメリットはないのでしょうか?

調べてみました!

 

クラウドワークスで副業すると確定申告や源泉徴収とかややこしいの?

クラウドワークスで確定申告が必要な場合

年間所得が20万円を超えた場合

クラウドワークスを利用して1年間で所得が20万円を超えた場合は年末調整後に発行される源泉徴収票と併せて、確定申告をする必要があります。

その際は個人事業主扱いになるので、本業の会社ではなく自身で確定申告を行ってください。

収入20万円以上でも確定申告が必要ない場合もある

クラウドワークスを利用して収入が20万円を超えても、それから必要経費を引いた額が20万円以下なら確定申告をする必要がありません。

つまり、副業の売り上げが年間23万円あったとしても、PCやインターネット接続料金等の経費に4万円かかっていれば所得は19万円になるので、所得税の申告の必要はないということです。

確定申告を行う際に必要な書類

源泉徴収票

確定申告には、源泉徴収票と収入を証明できる書類が必要になります。

クラウドワークスには支払調書の発行機能があり、納品書を契約ごとに出力することが可能です。

※源泉徴収を行わない契約の場合には、支払調書機能はないので注意してください。

クラウドワークスの支払調書の発行手順

クラウドワークスで支払調書を発行する手順は以下の通りです。

クラウドワークスの「契約画面」の「帳票メニュー」を表示し、契約完了後「支払調書」ボタンをクリックします。

「支払調書の発行」画面で必要な情報を入力して、「プレビューで内容を確認する」ボタンをクリックします。

受注者の情報は、契約時に開示に同意されているので自動で入力されます。

※支払調書が発行されないお仕事もある場合には、入金の履歴が分かるように通帳の記帳を行い保存しておきましょう。

クラウドワークスの支払い調書の発行については以下のページに詳しい説明が記載されているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

クラウドワークスの支払い調書の発行について

クラウドワークスを本業にする方も本業とは別に副業として利用する方も年間所得が20万円を超えた場合は必ず確定申告を行うようにしましょう。

クラウドワークスの公式サイトに詳しい説明が記載されているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

クラウドワークス確定申告について

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・クラウドワークスで確定申告が必要な場合は以下の通りです。

□年間所得が20万円を超えた場合

□収入20万円以上でも確定申告が必要ない場合もある

・確定申告を行う際に必要な書類には以下のものがある。

□源泉徴収票

・クラウドワークスの支払調書の発行手順は以下の通り。

□クラウドワークスの「契約画面」の「帳票メニュー」を表示し、契約完了後「支払調書」ボタンをクリック→「支払調書の発行」画面で必要な情報を入力して、「プレビューで内容を確認する」ボタンをクリックします→受注者の情報は、契約時に開示に同意されているので自動で入力される。

・クラウドワークスを本業にする方も本業とは別に副業として利用する方も年間所得が20万円を超えた場合は必ず確定申告を行う必要がある。